VOF法・混相分離型流れウェビナー 【後半】混相分離型流れ セッション

Date: 
Friday, July 11, 2014
Description: 

※VOF法・混相分離型流れウェビナーは、前半のVOF法セッションと後半の混相分離型流れセッションで構成されています。
別ページにございますVOF法セッションをご視聴頂いた後、混相分離型流れセッションをご視聴ください。

混相流現象の把握、解明、そしてCFDによる的確なモデリングは、分野を問わず各産業界で重要な課題です。
STAR-CCM+は様々な混相流形態(気体・液体・固体-気体・液体・固体)に対し、オイラー的アプローチで、課題の解決に取り組むことができます。

本ウェビナーでは、オイラー的アプローチ手法の1つである混相分離型流れモデル(Euler-Euler)について、手法の概要、特徴、適用事例及びSTAR-CCM+での操作方法を紹介します。

例題では、気泡流れ現象に対して混相分離型流れモデルを適用します。さらに、同じオイラー的アプローチ手法であるVolume of Fluid(VOF)法も同じ気泡流れ現象に適用し、それらの比較を通じて、混相分離型流れモデルの有効性・適用性について検討します。

Speaker: 
Tomohiro Akimoto
Speaker Company: 
CD-adapco