原子力産業にみるCFDシミュレーションの最前線事例
Date: 
Wednesday, May 31, 2017
Description: 

グローバルな原子力産業のトレンドとして、従来の長い時間とコストが掛かる実験的相関に基づいた
手法から、CFDを用いてより早い設計探査を小さな機器の設計から大規模システム、さらにはプラン
トの全体解析に至るまで実施する方向に急速に進んでいます。CFDソフトウェアは、それ単体または
中性子工学およびシステム解析ツールと組み合わせることにより、原子力発電事業者と原子力ベンダー
に従来の原子炉の能力と利用性を大いに高めることを可能とします。

さらに特筆すべきは、CFDが次世代の原子炉の開発をサポートするために必要なキーテクノロジーと
なっていることです。次世代の原子炉は大きな技術的進歩を示すものであり、原子炉の熱水力学挙動の
予測モデリングとシミュレーション(M&S)手法は、要求される経済的効果と安全基準の向上を達
成するために必要不可欠なものです。

一方で、数値解析技術もその実装と検証、また基本的な物理モデリングの側面を含めて大きく進歩
しており、CFD手法のサポートを提供し広く一般に受け入れられています。

本ウェビナーでは、原子力産業でいかにしてCFDシミュレーションとモデリングが新たなデザインの
検証と適用、運転コストの削減、および規制優先度と規制慣行のガイドライン策定を行う上で必須の
ものであるかを実例を交えて紹介します。

取り上げる主なトピックス

・ 燃料集合体のシミュレーション
・ 熱流体混合
・ 定常/非定常流れ
・流体-構造連成解析(FSI)
・混相流れと沸騰
・バーチャルリアクターのモデリング
・シビアアクシデントマネジメント
・使用済燃料の輸送と貯蔵

Industries: 
Speaker: 
Muneki Sakata
Speaker Company: 
Siemens PLM Software
Products: