STAR-CCM+による小型垂直軸風車の特性解析

Printer-friendly versionPDF version

STAR-CCM+を用いた小型垂直軸風車の解析について2つの事例を紹介する。1つ目は回転軸が主流に対して傾斜した状態にある直線翼垂直軸風車の3次元CFD解析であり、風車直径は0.75m、翼長は0.5m、翼数は2枚である。2つ目は低コスト化を目指して開発した円形翼バタフライ風車の3次元CFD解析であり、その風車直径は2m、翼直径は0.8m、翼数は4枚である。主に渦度場と出力特性の解析結果を示す。

Author Company: 
鳥取大学
Author Name: 
原 豊先生
Industries: 
Products: