STAR-CCM+有限要素法ソルバーを用いた解析事例の紹介

Printer-friendly versionPDF version

STAR-CCM+は昨年リリースのバージョン10.04で有限要素法(FEM)構造ソルバーを搭載し、より強力なマルチフィジックスツールへと進化しま した。その後も、バージョンアップ毎に新機能を搭載し続け、約1年を迎えようとしています。本講演ではSTAR-CCM+(バージョン11.02)の FEM基本機能、及び、この1年間で搭載された新機能について解析事例(流体構造連成解析、単体の構造解析)を交えて紹介致します。 また、今年6月リリース予定のバージョン11.04のFEM新機能も合わせてご紹介いたします。

Author Company: 
CD-adapco
Author Name: 
秋元 智博
Industries: