キャニスタのヘリウム漏えい検知器の開発-縦置き小型キャニスタ模型を用いた漏えい評価試験および解析-

Printer-friendly versionPDF version

原子力発電所から発生する使用済燃料の長期貯蔵管理に関する関心が、世界的に高まっているが、コンクリートキャスクにおいては、漏えい検知器が設置されていない。当所では、使用済燃料が入れられたキャニスタ内のヘリウム圧力が低下すると、キャニスタ表面温度が変化する現象を利用した漏えい検知器を開発している。現在、漏えい検知器の実用化研究の一環として、小型キャニスタ模型を用いた試験を行っており、内圧と表面温度の関係を明らかにした。更に、STAR-CCM+を用いた試験解析を行うことにより、現象のメカニズムを解明した。

Author Company: 
電力中央研究所
Author Name: 
竹田 浩文様
Industries: 
Products: