HPCを活用した大規模流体解析◆ウェビナー開催[1/27]
Printer-friendly versionPDF version

CD-adapco®は、ウェビナーにて、HPCプラットフォーム上で実施し高いスケーラビリティを持つ解析がもたらすメリットを紹介します

2016年1月20日、 横浜

エンジニアリング用CFDに重点を置いたCAEシミュレーションソフトウェアの世界最大級の独立系プロバイダーである米国CD-adapco®(本社:米国ニューヨーク州メルビル)は、 2016年1月27日に「HPCを活用した大規模流体解析」と題したウェビナーを開催いたしますのでご案内いたします。

本ウェビナーでは、 高性能計算(HPC)のプラットフォーム上での高いスケーラビリティの解析が、 ソフトウェアの革新的で柔軟なライセンス形態と結びつき、 従来のシミュレーションの垣根をいかに超えることができるかについて紹介します。

本ウェビナーのハイライトは次の通りです。

  • リアルワールドの問題に対する並列化戦略
  • 優れたスケーラビリティとその恩恵
  • 並列ベンチマークとパフォーマンス
  • 高品質の解析と設計探査に適したコスト効率の良いHPCライセンス
  • コンピュータリソースの価値を最大化するハードウェア選択例
  • シミュレーションの徹底したスケーラビリティとHPCの将来動向

また、 Dell社の資料に基づき、 大小さまざまな規模の企業や組織が製品の設計サイクルの加速のため、 解析に適したHPCの活用を通じて潜在的に実現できるメリットなどについて弊社より紹介します。

本ウェビナーへの参加登録は、 当社Webサイト にて受付しております。

<画像キャプション:CD-adapco製品のベンチマークを行ったドイツHLRS>

 

News

Pages