STAR-CCM+ v10.04 新機能紹介
Printer-friendly versionPDF version
Date: 
Friday, July 10, 2015
Description: 

 【内容紹介】

本ウェビナーで は、2015年6月24日に世界同時リリースのSTAR-CCM+ v10.04 の新機能情報をご紹介いたします。

●有限要素法固体応力解析の対応
 通常ライセンスで使用可能な、有限要素法をベースにした新しい固体応力ソルバーが実装されました。

●随伴流ソルバーの固体エネルギーへの対応
 流体/固体のエネルギー評価により、より効率の良い熱評価を実現します。

●基準ジオメトリデータ転送
 CADクライアントでの基準ジオメトリ転送はCADパッケージからSTAR-CCM+へより多くの
 データを転送することを可能とします。

●カラーマップパターンを追加
 22パターンのカラーバー分布が新たに追加され、シミュレーション結果のより深い理解を可能とします。

●Optimate™インターフェースの新しいタブ
 設計プロセス間のシミュレーションの進行のライブアップデートを可能とします。

●カスタムサマリーレポート
 より良く整えられ、かつカスタマイズされたシミュレーションの解析サマリーを作成します。

●境界データのsimhファイル保存
 simhファイルが、境界面データにも対応。ファイルサイズも圧縮されました。

●平衡DFBI剛体運動タイプ
 海洋産業でのシンクやトリム計算のための本機能は、力とモーメントのバランスが最終的に
 平衡状態で存在できるシナリオに適切であり、計算コストを劇的に減少します。

 

Speaker: 
Masaya Tani
Speaker Company: 
CD-adapco
Products: