Library

3038 match your search

バブル生成と変形に伴う放射音について
気泡が水中で生成されたり分裂するときの放射音は、Minnaertの式によって予測できる。今回、バブル生成時に発生する放射音をVOF法によって再現し、バブルの変形によって放射される音についてシミュレーションによって直接得られた放射音と実験結果との比較を行って放射モードについて議論した結果を紹介する。
従来、演出用照明器具の光源には、大容量のハロゲン電球が使用されてきた。しかし近年LEDの高効率化と大容量化が進み、COBと呼ばれる高密度に実装されたLED素子を使用することで非常に強い明るさを得られることが出来ている。しかし高密度に実装されたLEDは熱の集中が大きく、LED自身の熱で性能を損なう可能性がある。そのため、LEDに対する熱対策の重要性は高く、中でも熱の振る舞いを解析することは必須と言える。 今回はLEDを使用したスポットライトの熱流体解析を行う。
サーマルストライピング現象による構造物の熱疲労がプラント設計上課題である。従来はLESを用いた非定常解析で評価していたが、LESは高い格子解像度が必要で広い領域を有する解析には適用が難しい。一方、STRUCTモデルと呼ばれるMITのBaglietto教授によって提案された乱流モデル(RANSとLESのハイブリッド)はLESほどの格子解像度を必要とせず、精度よくサーマルストライピングを評価できるとの報告がある。本報告ではナトリウムの平行三噴流解析を行い、STRUCTモデルの適用性を検討した。
空調機の室外機に搭載するプロペラファンでは離散周波数騒音(NZ音)が問題になることが多い。NZ音を机上予測できれば音に影響を与える機内レイアウト等を試作以前の段階で検討することができる。ここではFW-H法を用いた予測の実際について述べる。
気泡が水中で生成されたり分裂するときの放射音は、Minnaertの式によって予測できる。今回、バブル生成時に発生する放射音をVOF法によって再現し、バブルの変形によって放射される音についてシミュレーションによって直接得られた放射音と実験結果との比較を行って放射モードについて議論した結果を紹介する。
プラントエンジニアリングに向けた圧縮性流体解析ベンチマーク計算
プラントエンジニアリング分野でも設計、トラブルシューティングにおいて圧縮性流体の挙動評価が必要な状況が増えている。そこで内部流れの圧縮性流体解析に関するベンチマーク計算を行い、適用範囲や予測精度を調べた。
反応/燃焼現象は、バーナーや炉、改質器、熱分解炉、攪拌装置など幅広い産業分野で必要不可欠な技術です。 本講演では、最近拡張されたVOFやEMP-LSIの界面反応機能やFGMの追加機能などを中心に、STAR-CCM +の燃焼および反応機能の概要をご紹介します。また、今後の開発計画についてもご紹介します。 (本講演は、弊社プロダクトマネージャKarin Fröjdの代理講演です。)

Pages