Library

3038 match your search

船舶の船体設計において水槽試験により推進性能を行っている。また近年CFDツールの精度向上によりCFDが併用されている。CFDと水槽試験の相関が重要であり、本発表は船舶におけるCFDによる抵抗推定を実施し水槽試験結果との比較検証結果を報告する。
エンジンスプレーにおけるノズル内キャビテーション現象の解析
エンジンスプレーにおけるノズル内部のキャビテーション現象を、star-CCMを用いて、気泡動力学を適用した解析事例を紹介する。併せて、ノズル内キャビテーションによる噴霧分裂モデルへの拡張性、減圧沸騰噴霧モデルとの連携について解説する。
1D-3D連成によるエンジンコンパートメント熱収支解析手法の提案
エンジンコンパートメント周りの熱収支解析には、複雑な風流れが大きく影響するため、3D-CFDによる解析が欠かせないが、過渡サイクルに解析を行うには計算時間の問題が伴います。本発表では、LMS Imagine.Lab Amesimにてラジエータ熱回路をモデル化し、簡易的ジオメトリに基づいたエンコパ3D-CFDモデルをSTAR-CCM+にて自動生成し、過渡サイクルにおいて動的に定常CFD計算を行った例を紹介します。
エンジンスプレーにおけるノズル内部のキャビテーション現象を、star-CCMを用いて、気泡動力学を適用した解析事例を紹介する。併せて、ノズル内キャビテーションによる噴霧分裂モデルへの拡張性、減圧沸騰噴霧モデルとの連携について解説する。
Assystem investigates the America's Cup wing sails with STAR-CCM+
Crowning the Super GT series champion for 2014 Nismo takes the lead with STAR-CCM+ to design distinctive low drag cars
CAEで燃費を最適化!海洋船舶業界ウェビナー
パリ協定でも発表されているように、海洋船舶業界において昨今の環境・温暖化対策を求められております。 これは内航船においても同様で、排ガス対策のみならず、低コストで運用するには低燃費・高効率な船型開 発が必須になってきています。これを実現させるためには、設計段階でより良い船型をより早く作り出すことが 肝要です。 本ウェビナーでは、STAR-CCM+®ソフトウェアの3D流体シミュレーション機能と基本的なセットアップを支援 する設計者ツールEHP、さらに設計探査ツールHEEDS™ソフトウェアをご紹介し、耐水性、波の負荷抵抗 など海洋船舶業界特有の課題にフォーカスします。 また、今年度に行われた海洋船舶業界の当社海外オフィス主催のウェビナー・講演からトピックを抜粋し、 海外の最新解析事例についても併せてご紹介します。
Improved metal temperature prediction for turbine blade design with simulation
Gas turbine engines used for aircraft propulsion and energy production operate under extremely harsh conditions. And they don’t get breaks as they are often in continuous service for decades. The market pressure to improve performance, emissions and durability has increased exponentially over the last few years. Engine makers are faced with increasing system complexity from their customers, ever more stringent emission standards, and more financial risks when engines are out of service. A key workflow for gas turbine development is the ability to complete fast design-simulation iterations...
Better thermal management with 1D and 3D tools
InDesA GmbH is an engineering and consulting firm, specializing in the design, simulation and analysis of vehicle thermal and energy management. They have extensive experience using 1D tools, coupled to the 3D thermal solution of STAR-CCM+. In helping to explore better designs from vehicle thermal energy management, InDesA uses both 1D and 3D tools combined. The 1D simulation enables rapid engine and vehicle simulation, while the 3D simulation brings a detailed knowledge of the component’s design. 1D can provide a complex set of boundary conditions for the 3D simulation, and allows for...

Pages