Library

3044 match your search

半導体デバイス製造で用いられるスピン洗浄装置には、ウエハの高速回転により発生した薬液や超純水のミストがウエハに再付着しデバイスの不良を引き起こすという問題がある。この対策のために流体シミュレーションを利用してきたが、計算時間が非常に長いためタイミング良く対策案を提案できていなかった。このため現在は、クラウドの適用を試みている。今回の報告ではクラウドの適用例とその効果、そしてクラウド各社の比較について述べる。
建築・都市環境におけるCFD利用
近年、地球温暖化やヒートアイランド、建物内外の汚染、建築の省エネルギー性能向上要請など我々の生活を取り巻く環境に大きな問題が生じている。これらの様々な問題について最新のCFDシミュレーションを用いて解析を行い、その解決法について報告を行う。
STAR-CCM+による学生フォーミュラ車両の空力開発
Tokai Formula Clubの今年度車両であるTF2017における空力開発について発表します。 主に、直線解析でのダウンフォースの獲得、およびコーナリング時における空力パーツの最適化によるダウンフォース回復について。また、空力パーツ以外の流体解析事例についても紹介させていただきます。
CFDとDEMの連成によるターボ機械内紐状物質の挙動解析
STAR-CCM+を用いたCFDとDEMの連成による流路、ポンプ内での紐状物質の挙動解析を実施、解析結果をモーションキャプチャを用いた実験により検証し、定量的な予測精度を評価した。本解析技術を用いてポンプなどターボ機械の異物閉塞性の予測と評価に適用、さらに非閉塞の高いターボ機械の開発に用いている。本講演では、解析技術とその応用について紹介する。
急速充電に向けた電気自動車(EV)用リチウムイオン電池の設計には、総充電時間の最小化、充電時に発熱によるセル温度上昇の抑制、充電時のリチウム金属の析出の抑制といった技術的な懸案事項があります。本講演では、シーメンスPLMソフトウェアが提供する、セル設計ツールのBattery Design Studioと 設計探査ツールHEEDSを活用した急速充電の技術的な懸案事項へのソリューションについてご説明します。
Tokai Formula Clubの今年度車両であるTF2017における空力開発について発表します。 主に、直線解析でのダウンフォースの獲得、およびコーナリング時における空力パーツの最適化によるダウンフォース回復について。また、空力パーツ以外の流体解析事例についても紹介させていただきます。
近年、地球温暖化やヒートアイランド、建物内外の汚染、建築の省エネルギー性能向上要請など我々の生活を取り巻く環境に大きな問題が生じている。これらの様々な問題について最新のCFDシミュレーションを用いて解析を行い、その解決法について報告を行う。
STAR-CCM+を用いたCFDとDEMの連成による流路、ポンプ内での紐状物質の挙動解析を実施、解析結果をモーションキャプチャを用いた実験により検証し、定量的な予測精度を評価した。本解析技術を用いてポンプなどターボ機械の異物閉塞性の予測と評価に適用、さらに非閉塞の高いターボ機械の開発に用いている。本講演では、解析技術とその応用について紹介する。
エンジンコンパートメント周りの熱収支解析には、複雑な風流れが大きく影響するため、3D-CFDによる解析が欠かせないが、過渡サイクルに解析を行うには計算時間の問題が伴います。本発表では、LMS Imagine.Lab Amesimにてラジエータ熱回路をモデル化し、簡易的ジオメトリに基づいたエンコパ3D-CFDモデルをSTAR-CCM+にて自動生成し、過渡サイクルにおいて動的に定常CFD計算を行った例を紹介します。

Pages