Library

2940 match your search

数値解析による尿素SCRシステム性能の最適化
尿素SCRシステムは、 高い水準にあるディーゼルエンジンのNOx排出規制条件を満たす ために、 自動車、船舶業界で広く用いられております。 SCR装置では効率的なSCRシステムの設計基準 を満たすために 、 素早い尿素水の混合と高いアンモニアの均一性を担保する必要があ ります。 しかし、システムの寿命と性能を脅かす問題の一つとして、 尿素結晶の堆積があげられます。 堆積物により背圧が発生し、 材料の劣化によりエンジンと排ガス性能の低下につながるのです。 そして厳しい規制を満たすためには、 数値シミュレーションを実施して、SCR装置の設計を最 適化し、 NOxの改善や堆積物の削減を達成する必要があります。 本ウェビナーでは以下の内容についてご紹介いたします。 ・エキゾーストシステム解析の動向 ・SCRシステムのメカニズムを反映したSTAR-CCM+ の物理モデリング ・STAR-CCM+の物理設定の自動化機能 ・尿素結晶化の検証事例 ・触媒端面への流入状態を最適化するミキサーの設計探索事例
STAR-CCM+ v12.02 新機能紹介ウェビナー
本ウェビナーで は、2017年2月22日に世界同時リリースのSTAR-CCM+ v12.02 の新機能情報について、下記の機能を中心にご紹介いたします。 最新バージョン v12.02では、v11から続くテーマである“Discover Better Designs, Faster. (より良い設計をより早く見つけ出す)を踏襲し、燃焼をふくむ化学反応系機能の強化や よりリアリスティックな表現ができるレイトレーシングの導入等、主として以下の機能 追加・改良を行っています。 ・パーツの置換処理 パーツの置換がパイプラインの一部として再実行できるようになり、設計探査向けの重要 な機能になりました。 ・燃焼テーブルの適応型グリッド すべてのフレームレット燃焼モデルで、適応型グリッド法を用いることでより省メモリかつ 高速に燃焼テーブルを作成できることが可能になります。 ・不活性流体流の取り扱いの改善 非反応 (不活性) 流体流のある燃焼の解析精度が向上し、フレームレット生成マニホールド モデルで不活性流体流を取り扱えるようになります。 ・固体酸化物燃料電池 (SOFC) の解析 固体酸化物燃料電池の電気化学反応を解析するための機能が多数改善されました。 ・電気化学反応に関与する多成分気体と多成分液体の化学種の取り扱いをサポート 必要なフィールド関数が大幅に少なくなり、...
Driving electric powertrain innovation through simulation
Globalization , demographic transformation and climate change are megatrends that will impact the future of mobility. Following this urbanization process, vehicles need to improve in safety, efficiency and range in order to assure economic competitiveness without forgetting environmental sustainability. To support this sustainable development, simulation technologies are fundamental to create efficient electro mobility solutions. This On-Demand webinar will focus on and demonstrate how simulation tools can be efficiently used together as an end-to-end solution, from system down to component...
Mechanical stress is a key failure mechanism to consider when designing electronics systems. Excessive mechanical stress can cause cracking, rupture, fatigue, delamination, or even excessive deflection (such as in optical assemblies). Since most electronics systems are not also designed to be a part of the main mechanical load bearing structure, thermal expansion is a primary source of mechanical stress. CTE (coefficient of thermal expansion) mismatch typically comes to mind when discussing thermal stress, but high temperature gradients also can cause differential expansion and excessive...
Ship performance has become more important than ever in a market where operating margins are low and emissions regulations are tightening. Ship owners are often required to make quick decisions about design changes or modifications which affect performance. In this regard, rapid turnaround time is just as important as accuracy in order to meet the tight deadlines often present in a ship design project. In order to meet this challenge, ABS' Energy Efficiency CFD team has developed an automated system which allows CFD simulations to be run much faster than traditional wisdom would suggest. This...
Please join us for the workshop on April 7, 2017, directly after the SAE World Congress, to hear firsthand about the ever-improving capabilities of STAR-CD ® /es-ice/DARS for in-cylinder CFD and get an early look at the upcoming STAR-ICE™ add-on to STAR-CCM+ ® software. Specialists will highlight advanced developments and workflow automation, and how they are delivering added value and time savings to ICE customers.

Pages