SI-ICE燃焼モデルの最新機能強化:ラージEGR率と希薄燃焼下での層状燃焼への適用

印刷用ページPDF version

燃焼と汚染物質予測の多次元の数値予測では、噴霧や燃焼の進行プロセスに対する深い知見が要求されます。特に、高EGR下の成層燃焼やリーンバーン燃焼が挑戦的な課題です。
本報告は2つの目的からなります。まず始めに、幾つかの弱点について指摘し、次にSTAR-CDモデルの現状の予測とそれらを改善するための計測について示します。これらの改良は、2つの極端な計算で示されます。一つは、可変バルブタイミングに実現されるRGB(Residual Burn Gases)違いの部分付加DISIエンジンで、もうひとつは、均質リーン燃焼です。

Author Company: 
CD-adapco
Author Name: 
Marc Zellat
Industries: 
陸上輸送Ground Transportation - Applicationパワートレーン
Products: