サーマルストライピング問題におけるSTRUCT乱流モデルの適用性検討

印刷用ページPDF version

サーマルストライピング現象による構造物の熱疲労がプラント設計上課題である。従来はLESを用いた非定常解析で評価していたが、LESは高い格子解像度が必要で広い領域を有する解析には適用が難しい。一方、STRUCTモデルと呼ばれるMITのBaglietto教授によって提案された乱流モデル(RANSとLESのハイブリッド)はLESほどの格子解像度を必要とせず、精度よくサーマルストライピングを評価できるとの報告がある。本報告ではナトリウムの平行三噴流解析を行い、STRUCTモデルの適用性を検討した。

Author Company: 
三菱FBRシステムズ株式会社
Author Name: 
中村 博紀様
Industries: 
Products: